「Beautiful Days」以降の登場人物
初登場後の情報も含むため、ネタバレに相当する部分があります。
ネタバレを避けたい方は本編読了後にご覧下さい。

サチ

堂島の老舗呉服店・梅屋(通称北大丸)の奥女中。
腐れ縁となってしまった伝八と別れるために偶々行き遭った進之丞を利用しようとした。しかしその後寅屋や織部たちの尽力もあって晴れて伝八と一緒になり、北大丸の店表で働くようになる。進之丞と織部との関係を察しており、春子と共に進之丞の理解者である女性。


伝八
でんぱち

鍛冶職人。世話の焼ける男ではあるが、気は優しく職人としての腕は良い。
共に早くに親を亡くしたサチと暮らしていたが、長い春に見切りを付けたサチに出て行かれたことがきっかけで捕物に巻き込まれる。かねてから刀が好きで、事件落着後は進之丞と織部の口利きで刀匠大井基実に弟子入りする。
目標は、自分を刀鍛冶の道へ導いてくれた織部の目に適う一振りを造ること。


透かしの文吉
すかしのぶんきち

鋭い分析力と観察眼を持つミナミの情報屋。本職は香具師。
ミナミで起きたことは何でも知っている地獄耳ぶりと、特にこれといった特徴のない風貌のため人に覚えられにくいことから「透かし」の異名を取る。
主に西町奉行所火事方の白倉忠兵衛に情報を売っていたが、伝八がらみの事件で奉行櫻井に出会いその人柄に惚れ込む。
以降は櫻井に私淑し、櫻井のために進んで動くようになる。ミナミの京治や万太郎とは古馴染み。

 

博徒の弥助一家

佐吉
さきち

下寺町の長願寺を根城にしていた博徒弥助一家の若頭。
切れ者で、商家の番頭でも務まりそうな慇懃な男だが、情に厚く仲間思い。当初は櫻井の面子を汚そうと企んでいたが、実際に櫻井に出会ってその人柄に魅了され、己の罪を悔い改め奉行所に出頭する。のち、進之丞が昔居た西龍寺で本物の僧侶を目指すべく修行の道に入る。


仙太
せんた

弥助一家の若い下っ端。夜目が利くため『土竜もぐら』の二つ名を持ち、賭場の入口番を任されていた。
元来は気の良い親切な若者で、そこを進之丞に見込まれて佐吉はじめ仲間に奉行所への出頭を説得する。そののちは佐吉や仲間と一緒に西龍寺の見習い坊主となる。