「火縁の娘」以降の登場人物
初登場後の情報も含むため、ネタバレに相当する部分があります。
ネタバレを避けたい方は本編読了後にご覧下さい。




kaen30

櫻井 直清
さくらい なおきよ

大坂西町奉行。官位は播磨守。元は多聞の主。
キレの良い江戸弁を話す若き奉行。ここまで確実にエリートコースを歩んできていて後は間違いなく幕閣に入るだろうと目されている一方で、型にはまらない革新的な面を持つ。政治家であると同時に武士としての誇りも高く、武芸を好み義理や情を大切にしている。
江戸っ子らしくサッパリした気風で、一度その人柄に触れた者を悉く魅了してしまう「人たらし」。
剣術や刀剣が好きで織部の道場に通いはじめ、織部には弟子の礼を取っている。進之丞と織部の関係を察してからは、特に織部にとってかけがえのない存在となる。
妻の八重は年上女房。元は商家の娘であった八重に櫻井が惚れ抜いて妻に迎えたため頭が上がらない。





石井 加奈
いしい かな

東町奉行所火事役同心・石井厳太郎の妹。
天満の組屋敷で評判の美少女だが、過去に心と体に深い傷を負い家に閉じこもっていた。
多聞との見合いをきっかけにとある事件に間接的に関わったことから、多聞を通じて亀吉と運命の出逢いを果たす。
武家娘らしい毅然さと、可憐で清楚な容貌に大人の女の身体を持つ。





白倉 みつ
しろくら みつ

白倉の養女であり、丑松の実妹。加奈とは同い年。
元は十手持ちの子で長屋生まれだが、育ててくれた白倉の養父母のため必死に武家の娘になろうとしている、兄同様の頑張り屋。
自分の容姿にコンプレックスがある。



白倉 忠兵衛
しろくら ちゅうべえ

生まれも育ちも大坂天満の西町奉行所火事方与力。火事の際の後検分を行う役職で、火消たちとも馴染みが深い。
基本的に穏やかで気の良い役人だが、老練で抜け目の無いところも。
寅屋の丑松の亡父に十手を貸していたのはこの白倉で、そのため火事で父を失った丑松・みつ兄妹を引き取って育てる。のちにみつは正式に白倉家の養女となる。


道頓堀の参次
どうとんぼりのさんじ

道頓堀界隈を縄張りにしていた東町奉行所の十手持ち。
賭場や茶屋などの悪所に出入りし、目こぼしする代わりに心付けをもらうなどしていた小悪党。盗賊火焔の政右衛門に馴染みの女郎・朱音を人質に取られ菓子司鶴屋への押し込みの手引きをさせられるが、一味に潜入した織部の情けで悪事を働かずに済んだ。
その後は十手召し上げのうえ大坂を所払いとなり、年季の明けた朱音と所帯を持って京で小間物屋を開く。のち、多聞に呼ばれて密かに大坂へ戻り西町奉行所の捕物に協力する。
役者崩れで見目が良く、変装の名人。